愛知県岡崎市の育毛サロン【ヘアークリニックマインド】
抜け毛・薄毛などでお悩みの方へ

0120-07-1960

よくある質問

よくお寄せいただく疑問・質問にお答えしています。

シャンプーは毎日したほうがいいの?

1日1回、就寝前が望ましいです。1日に2回も3回も洗う必要はありません。が、1日の汚れ、汗、皮脂はしっかりと落としてからお休みください。

髪が短いのでリンスは必要ないのでは?

リンスをしないと静電気が発生しやすく、汚れを吸着してしまったり、切れ毛になりやすいです。毎回軽くでいいのでしてください。

育毛剤の選び方が分からない

育毛剤によって、それぞれ特長がありますが、どれも、血行促進・細胞活性化などの成分が含まれています。まずは自分で気に入ったものを短くても半年は使い続けてください。効果がではじめるには3ヶ月はかかります。その間、変化がなくても毎日お手入れを続けてください。

シャンプー用ブラシはどうなの?

マッサージ程度に考えてください。毛穴の汚れをそれで取ろうと、強くゴシゴシすると、頭皮の毛細血管を傷つけたり、毛が切れてしまいます。

ドライヤーは髪に良くない?

洗髪後、地肌が濡れたままだと、雑菌が繁殖しやすくなります。地肌はドライヤーの風をあてて乾かしてください。また高温になりすぎないようにご注意ください。

ノンシリコンシャンプーって髪にいいの?

ノンシリコンシャンプーとはシリコンが入っていないシャンプーのことです。シャンプー容器に記載されている成分にジメチコン・シクロメチコン・シロキ・シリカ・メチコンという言葉が入っていれば、それがシリコンです。体内に吸収されにくいため、生体への毒性が小さいとされ、医療素材としても利用されています。
シャンプーに入っているシリコンは髪に被膜を作るコーティング剤として配合されているので、毛穴を塞ぐなどと言われますが、皮脂と一緒に排出されますし、皮膚はターンオーバーを繰り返していますので、身体に蓄積される心配はまずありません。ノンシリコンシャンプーを使ったとしても、トリートメント剤にはシリコンの入ったものが多いです。ツヤやサラサラ感を重視するならシリコン入のトリートメントを、ボリュームを出したい場合はノンシリコンのトリートメントを使うといいでしょう。

育毛剤は薄いところだけつければいい?

育毛剤には血行促進作用があります。後頭部を太い血管が通ってますので、まずはそこの血行をよくるために、頭全体につけるのが望ましいです。

育毛剤はいつつけるのが効果的?

シャンプー後が一番良いです。毛穴の汚れがキレイに落ちていれば、なお浸透が良くなります。シャンプー前にオイルなどで皮脂を溶かすのも効果的です。頭皮の水分をとってからつけてください。

帽子は拭け毛・薄毛の原因になる?

きつい帽子、不衛生な帽子は拭け毛の原因になります。しかし、紫外線や粉塵が与える影響の方が大きいので、それを防ぐために帽子をかぶることは、髪に良いことです。

白髪は抜かない方がいい?

毛を引き抜くと、毛穴が痛みます。白髪の生えているところは再び白髪が生えてきますので、抜くことを繰り返すことになってしまいます。そうすると、そこから髪が生えてこなくなってしまいます。どうしても気になるようでしたら根元からカットしてください。

整髪料は毛穴に詰まってしまう?

ワックスやクリームは、できるだけ頭皮につかないようにお使いください。スプレーは頭皮につきやすいので、シャンプーでしっかり落としてください。

ヘアカラーはあまりしないほうがいい?

白髪が増えてくると、ヘアカラーの回数は増えてきます。頭皮・髪に負担がかかります。特に市販のカラー剤は染まりが良くなるように強めになっているので、理美容院で施術をしてもらった方が安全です。そのとき、しみたり痛みを感じるようでしたら、すぐに伝えましょう。また、自然素材のヘナカラーならトリートメント効果もあり頭皮に負担もかけず安心です。

ヘナカラーは赤味が強くなる?

ナチュラルヘナだけだとオレンジの色味になります。ナチュラルヘナにインディゴ(藍)を重ねることで赤味を抑えた仕上がりにもできます。

秋になると抜け毛が増えるのはどうして?

春から夏は紫外線がとても強く、その紫外線の影響を受けた毛が抜け始めます。また、夏バテなど体調不良の影響も出てきます。そのため、秋は抜け毛が増えることが多いです。

髪に良い食べ物は?

髪の材料となるタンパク質、(特に血液をさらさらにする不飽和脂肪酸を含む青魚、大豆製品)、亜鉛、カルシウム、鉄、カリウムなどのミネラル類などをバランスよく摂取することが基本です。全身が健康であって髪も頭皮も健康が成り立つので栄養バランスのよい食生活を心掛けてください。またトウガラシも血行をよくするので、少し取り入れるといいでしょう。